お墓について〜お墓の意義や価値をお伝えできるよう努力しています〜

幸せの交換の場  お墓は建てたあと、いつまでも手を合わせるものです

 お墓は、家族の伝統を重ねていく「終の棲家」、つまり「家の根」となるものです。本来、お墓を建てるということは、家族の過去・現在・未来をつなぐ意味も込められています。

 何十年、何百年とその場に存在しお参りされ続けるお墓は、私たちに命を授けてくださったご先祖さまを供養し、現在に感謝し、未来に向かって家族の絆を深めるためのものです。

 日本人は、はるか昔から亡き人の幸せをひたすら願うため、また生きている人の心のよりどころとしてお墓を建て、お墓参りをしてきました。

 お墓はご先祖さまと対話できる大切な場所であり、脈々と続く家族の絆を確認し合う「尊いもの」として、ずっと機能してきたのです。

 現在でも、お墓や仏壇の前で亡き人の冥福を祈りご先祖様を供養することで、ご先祖様と共に生きる幸せを感じている方もいます。宗旨宗派や地域性による多生の違いはありますが、「お墓は生者と死者の幸福の交換」という本質だけは今も生き続けています。

ホーム墓石のご案内霊園のご案内お墓についてお問い合わせ会社案内ブログ

Copyright (C) 有限会社東部石材. All rights reserved.