<お彼岸は、お墓参りの日>

お彼岸は、春と秋にそれぞれ春分の日と、秋分の日を中日として、前後3日間、計7日間にわたって行われる。

聖徳太子の頃に始まり、江戸時代には年中行事として定着した、日本独特の仏教行事です。

春分の日、秋分の日は、太陽が真東から出て、真西に沈んでいく太陽を通して、その彼方にある西方浄土を思い浮かべる。 「日想観」という修行を行うのに適した時とされています。

この「日想観」の仏事と、日本の祖霊崇拝とが結びついた。 したがって、お彼岸には先祖をしのび、自分の今あることを、先祖に感謝して、供養の法要や、お墓参りをするのです。

秋分の日には、是非お参りをして、先祖に感謝しましょう。

必ずいいことがありますよ!

CIMG3261